MENU MENU

専任のプロから直接学ぶ実習で料理の世界を広げます!調理科

調理科
  • HOME
  • 調理科

取得資格について

調理実習の様子実習成果

高校に調理科があるーそれだけでユニークです。しかも、高校の卒業資格と共に、調理師の資格も取得できるというのは全国的にも珍しいのです。普通科で学ぶような一般教科の他に、専門科目を数多く学びます。例えば「栄養学」「食品学」「食品衛生学」などをはじめ、日本料理、西洋料理、中国料理、洋菓子、和菓子など、調理のエキスパートになるための「調理理論」や「調理実習」を学びます。包丁を持ったことのない生徒も、3年生になる頃には手さばきも鮮やかに料理をこなしていきます。皆さんも挑戦してみませんか。

調理師免許
調理師免許取得

調理科は卒業のとき、国家試験が免除されて全員に「調理師資格」が与えられます。高校卒業資格と調理師資格(全国有効)という2つの資格が取得できる、大変貴重な特典があります。さらに、「専門調理師学科試験免除(技術考査合格者)」「食品衛生責任者(無講習・申請者全員)」「食育インストラクター(合格者)」の資格が取得できます。

授業内容について

授業風景実習風景

本格的な和・洋・中華に挑戦し腕をみがきます。

料理を作ることって、とても楽しい。そんな喜びを思う存分に味わうことができるのが調理科の素晴らしいところ。 たくさんの実習時間を通して本格的な和食・洋食・中華と多彩なメニューに挑戦しましょう。 将来調理の世界へ進むための視野を広げ、充実した3年間を過ごす目標を高めるために、本校では専任教員と校外のプロ講師による指導のもと、道内及び全国規模の料理コンテストに参加する機会を設けています。 そして、本校から調理師資格を取得し社会に巣立った卒業生は、大きな夢をいだき活躍の場を広げています。

主な専門科目授業内容

  • 調理実習
    機能性に満ちた厨房システムで和洋中を中心に多彩なメニューを基礎から応用まで実践的に学びます。
  • 食品衛生
    食中毒、寄生虫、消毒法および食品の腐敗と保存法、鑑別法などの食品衛生対策について学びます。
  • 食 品
    食品の特徴・成分・性質などについての知識を深め、さらに加工・貯蔵および、生産と流通について学びます。
  • 調理理論
    調理技術の習得をより確かなものにするため、調理の意義や目的を理解し、調理過程を科学的に学びます。
  • 総合調理実習
    調理施設及び設備・機器の扱い方の基礎と、集団調理やテーブルコーディネートの方法などを学びます。
  • 公衆衛生
    公衆衛生に関する施策を理解し、食と健康の関係について学びます。また、調理師業務に必要な食品衛生法規についても学びます。
  • 食文化概論
    日本の伝承的な食生活・食文化の変遷とその社会的背景や、世界の料理の特徴、様式、食事作法などを学びます。
  • 栄 養
    エネルギ-代謝と食事摂取基準及び生活に役立つ栄養素の種類とその機能を理解し、栄養と健康のかかわりについて学びます。

3年間の実習

西洋料理実習

西洋料理実習

中華料理実習

中国料理実習

Student's Message

自分の店を出せるような西洋料理のシェフになりたいです。
調理科2年
岡部紘季 さん
(砂原中出身)
将来の目標は、西洋料理のシェフになること!これは中学生の頃からの目標です。母の料理作りを手伝うことが多かったこともありますが、美味しい料理で人を喜ばせることは素晴らしいことだと思います。清尚高校の調理科では、西洋料理、日本料理、中国料理を調理人の長い経験を持ったプロの先生たちから実習で学ぶことができ、今まで食べたことも無かったような本格的な料理を作る事ができます。やっぱりプロは違うなと思うことの連続で、この学校に入学して良かったと思います。実習の時間も学年を追う毎に増えて行くので、益々、楽しみです。実習で学んだ料理を、家で作って家族や友だちに食べてもらって「美味しい!」と言ってもらう瞬間もたまりません。卒業後はホテルレストランで修行して、ゆくゆくは北海道だけではなく、東京にも自分の店を出せるような西洋料理のシェフになりたいです。目標を大きく持って積極的に学んで行きたいと思います。

Teacher's Message

本物の腕で作る料理に感動して
育っていってください!
清尚高校の調理科に教えに来るようになって5年になります。毎年、日本料理の特別実習を行っていますが、1年生の時は、まだおぼつかなかった生徒が3年生にもなると、意識がしっかりとして姿勢も良く、料理への意欲を持ってその場に臨むようになっていることにいつも驚きます。教えた卒業生が調理師の資格を活かし、料理人の道へ進んでくれるのは嬉しいことです。札幌や東京のホテルやレストランに羽ばたいていく生徒もいますが、函館にも地域の海の幸や山の幸を美味しく料理するお店がたくさんあるので、これからも、もっともっと皆さんが料理人の道で働けるように頑張りたいです。とにかく料理人の基本は食材を新鮮に活かすための清潔さ・迅速さにあります。そのことをしっかり学んで、あとはプロの料理人が本物の腕で作る料理に感動して育っていって欲しいと思います。
函館割烹調理師会副会長
東谷篤  先生
日本料理担当講師
TOPに戻る