MENU MENU

お菓子作りの楽しさを学びパティシエを目指す!製菓衛生師科

製菓衛生師科
  • HOME
  • 製菓衛生師科

取得資格について

“洋菓子”“洋菓子実習"

製菓衛生師資格が在学中に取得できます

全日制の高校では東北・北海道唯一の全国でも数少ない厚生労働大臣指定製菓衛生師養成施設として製菓衛生師科を平成21年4月に開設しました。2年次修了時に全員が「製菓衛生師受験資格」を取得し、さらに3年次在学中には「製菓衛生師資格(国家試験合格者)」を取得できます。本校ではみなさんが合格できるよう、サポート体制を整えております。
製菓衛生師とは、パンやお菓子の製造者として確かな公衆衛生知識を学び、製造者としての高い資質を身につけることを目的とした国家資格です。 食品の信用や安全志向が高まっている今日では注目度が増しており、社会的評価も高まっています。
また製菓実習は、専任の元ホテルの製菓長のほか、オーナーパティシエ・ブーランジェ等が全時間を直接指導します。その他、2・3年次には 道内外のスイーツコンテストや校内行事でのスイーツ販売など、積極的に学習の場を広げています。

製菓衛生師資格取得
(国家試験合格者・3年次)
製菓衛生師受験資格取得
(無試験・全員・2年次)

授業内容について

“洋菓子実習"授業風景

各分野のプロの職人から学ぶ、充実した実習!

お菓子づくり、パンづくりの世界に羽ばたくためのあらゆる知識と技術を、3年間を通じて基礎から総合的に学びます。それらの技術を教えてくれるのはそれぞれの分野の第一線で活躍するプロの職人の方々。熟練の技術を間近に見つめることができる実習は、お菓子やパンづくりへの興味がさらに広がる楽しさに溢れています。そして、責任あるパティシエ、和菓子職人、ブーランジェとなるために語られる専門家からの経験豊富な言葉は、将来、皆さんの確かな糧になることでしょう。

主な専門科目授業内容

  • 製菓実習

    技術の向上を目的とした機能性に満ちた最新の施設の中で、プロ仕様の器具を使用し、オ−ナ−パティシエ・ブーランジェからの直接指導により、製菓・製パンの基本から応用技術までを学びます。

  • 食品衛生

    食品衛生の概要及び食中毒、食品添加物の安全性と使用基準、環境汚染・農薬・異物等の食品汚染有害物質、菓子製造業の施設基準、食品の取扱い、製品の保存と表示等について学びます。

  • 食 品

    食品学の概要及び食品成分、菓子及び菓子原料の変質とその防止、有機農産物の表示、食料生産の動向、食品の流通と価格、食品生産と消費等について学びます。

  • 製菓理論

    菓子製造の要件・加工及び和菓子・洋菓子・パンの分類、原材料である穀類・油脂・乳製品・果実と種実・凝固材料・膨張剤・着色料・その他の補助剤等の特徴を学びます。

  • 栄 養

    栄養学の概要及び栄養素の種類と働き、栄養素の消化と吸収、食事摂取基準、菓子と栄養、栄養成分表示について学びます。

  • 公衆衛生

    公衆衛生学の概要及び自然環境と健康・生活衛生等の環境衛生、感染症や生活習慣病等の疾病予防、菓子製造施設における労働安全衛生等について学びます。

  • 衛生法規

    製菓衛生師法や食品衛生法の概要及び地域保健法・感染症医療に関する法律・健康増進法等について学びます。

  • 社会学

    菓子と食生活、菓子の歴史、菓子の生産と消費及び労働生産性・労務管理等の菓子店経営論を学びます。

3年間の実習

洋菓子実習

洋菓子実習

製パン実習

製パン実習

Student's Message

函館の街を美味しく明るくするパティシエを目指します。

 子どもの頃から、もちろんお菓子を食べるのは大好きでしたが、ケーキ屋さんでケースの中に並ぶケーキがとても綺麗で、見ているだけでも楽しくて、「大人になってケーキ屋さんになれたらどんなに素敵だろう」といつも思っていました。
 製菓衛生師科は実習がたくさんあってプロの職人の先生から学べることで、綺麗なお菓子がどうやって出来上がるのかを間近に見ることができるので、とても楽しく勉強できます。クリームのかき混ぜ方や塗り方、スポンジの切り方、それぞれに綺麗にできる理由があって、丁寧な仕事をすることの大切さを教えて頂く事で、お菓子作りへの探求心がより深まっています。学校がお休みの間も、自宅でお菓子やパンを焼いて実習のおさらいをしていました。家族にも美味しいと言われることがとても嬉しいです。
 将来は、函館の街の人を美味しく明るくするパティシエを目指します。

 

製菓衛生師科2年 畑中 瑠菜 さん (青柳中出身)

Teacher's Message

函館の新しいスイーツの世界を目指して頑張って見ませんか!

 この学校で製パンを教えて10年になります。1年生と2年生に教えてますが、月日を追うごとに成長していく生徒たちに、教えることへのやりがいを感じています。プロと同じ竃(かま)や道具でパン作りを行うことに、皆が面白みを持って参加しているのでとても楽しい実習だと思います。製パンは温度や湿度に左右されやすいので、季節によって作り方のポイントが違い、とてもデリケートな作業です。
 そして、出来上がったパンは食パンでもクロワッサンでも菓子パンや調理パンでも商品としていつも均一で整っていなくてはなりません。私はそういった難しさの中にパン作りの面白さがあることを学んでもらいたいと思います。
 製菓衛生師科では、洋菓子も和菓子も物作りのプロの職人が現場での経験を元に実践的に実習を行っています。是非、皆さんにも物作りが好きな人になってもらいたいと思います。

 

製菓実習・理論担当 
金子 春夫 先生

TOPに戻る