MENU MENU

お菓子作りの楽しさを学びパティシエを目指す!製菓衛生師科

製菓衛生師科
  • HOME
  • 製菓衛生師科

取得資格について

タルト生地を焼く和菓子実習

全日制の高校では東北・北海道唯一の全国でも数少ない厚生労働大臣指定製菓衛生師養成施設として製菓衛生師科を平成21年4月に開設しました。平成30年度入学生より、2年次修了時に全員が「製菓衛生師試験受験資格」を取得し、さらに3年次在学中には「製菓衛生師資格(国家試験合格者)」を取得できます。本校ではみなさんが合格できるよう、より一層サポート体制を整えてまいります。 製菓衛生師とは、パンやお菓子の製造者として確かな公衆衛生知識を学び、製造者としての高い資質を身につけることを目的とした国家資格です。 食品の信用や安全志向が高まっている今日では注目度が増しており、社会的評価も高まっています。 また製菓実習は、専任の元ホテルの製菓長のほか、オーナーパティシエ・ブーランジェ等が全時間を直接指導します。その他、3年次には 洋菓子店・和菓子店・ベーカリーショップでの校外実習、スイーツ販売など、積極的に学習の場を広げています。

製菓衛生師資格取得
(合格者・3年次)
製菓衛生師受験資格取得
(無試験・全員・2年次)

授業内容について

製パン実習授業風景

第一線で活躍するプロの職人から学ぶ、充実した実習!

お菓子づくり、パンづくりの世界に羽ばたくためのあらゆる知識と技術を、3年間を通じて基礎から総合的に学びます。それらの技術を教えてくれるのはそれぞれの分野の第一線で活躍するプロの職人の方々。熟練の技術を間近に見つめることができる実習は、お菓子やパンづくりへの興味がさらに広がる楽しさに溢れています。そして、責任あるパティシエ、和菓子職人、ブーランジェとなるために語られる専門家からの経験豊富な言葉は、将来、皆さんの確かな糧になることでしょう。

主な専門科目授業内容

  • 製菓実習

    技術の向上を目的とした機能性に満ちた最新の施設の中で、プロ仕様の器具を使用し、オ−ナ−パティシエ・ブーランジェからの直接指導により、製菓・製パンの基本から応用技術までを学びます。

  • 食品衛生

    食品衛生の概要及び食中毒、食品添加物の安全性と使用基準、環境汚染・農薬・異物等の食品汚染有害物質、菓子製造業の施設基準、食品の取扱い、製品の保存と表示等について学びます。

  • 食 品

    食品学の概要及び食品成分、菓子及び菓子原料の変質とその防止、有機農産物の表示、食料生産の動向、食品の流通と価格、食品生産と消費等について学びます。

  • 製菓理論

    菓子製造の要件・加工及び和菓子・洋菓子・パンの分類、原材料である穀類・油脂・乳製品・果実と種実・凝固材料・膨張剤・着色料・その他の補助剤等の特徴を学びます。

  • 栄 養

    栄養学の概要及び栄養素の種類と働き、栄養素の消化と吸収、食事摂取基準、菓子と栄養、栄養成分表示について学びます。

  • 公衆衛生

    公衆衛生学の概要及び自然環境と健康・生活衛生等の環境衛生、感染症や生活習慣病等の疾病予防、菓子製造施設における労働安全衛生等について学びます。

  • 衛生法規

    製菓衛生師法や食品衛生法の概要及び地域保健法・感染症医療に関する法律・健康増進法等について学びます。

  • 社会学

    菓子と食生活、菓子の歴史、菓子の生産と消費及び労働生産性・労務管理等の菓子店経営論を学びます。

3年間の実習

洋菓子実習

洋菓子実習

製パン実習

製パン実習

Student's Message

プロの先生からお菓子作りを学べる 素晴らしい高校生活!
製菓衛生師科2年
笠井 美咲 さん
(桔梗中出身)
小さな頃からお菓子は食べるのも見るのも好きで、特に和菓子に興味がありました。練り切りや桜餅や水菓子など、春の桜、秋の紅葉、夏の緑と冬の雪といった四季の情景を表現した和菓 子はどうやって作るのか?実際に実習で作ってみると、 最初はとても難しかったですが、作り方を学ぶ中でさらに和菓子が好きになりました。清尚高校では、街で本当のお菓子屋さんやパン屋 さんを経営されている方が、先生として教えてくれます。どの先生も優れた技術をお持ちで、その技術を目の当たりにできるのは、ほんとに素晴らしいことです。私も先生のように人に感動してもらえるような職人の道に進みたいと思います。そう言う目標を持てるのも清尚高校に入学したおかげです。とにかく今は技術を高めること!毎日が楽しい高校生活です。

Teacher's Message

お菓子に対する興味関心を大切にする
プロフェッショナルになってください
製菓衛生師科は女子が多いですけど、男子もしっかり頑張っています。高校での3年間はみなさん成長は著しく、特に3年生になると、より一層それぞれが率先垂範して、熱心にまじめにお菓子作りに取り組んでいます。プロの立場で伝える生クリームの立て方や器具の使い方に、興味を持って聴き入り感動してくれることに、こちらも学校の意義を感じています。実習でお菓子を完成させた後は、みんなで作ったお菓子を味わう時間を設けますが、その際に素材に使った地元のりんごの歴史や、お菓子そのものの成り立ちや文化について、そして食べ物へのマナーについてもお話ししています。お菓子に対する興味関心を大切にするプロフェッショナルになって欲しいと思います。函館の街のお菓子屋さんには既にたくさんの卒業生が就職して頑張っています。お互いにお菓子作りを追求するものどうしのネットワークで函館の街を盛り立てていけると良いですね。
ザ・ランドオブドリーミングオーナー
輪島美哉子  先生
洋菓子担当講師
TOPに戻る